ドリーミングの謎

ドリーミング[Dreaming]=情報[Data]+エネルギー[Energy]+意識[Aware]

アボリジニ アート 人体のドリーミング  この世界は、宇宙や自分という意味を持つ「情報」と、それらを成り立たせ同時に「私」に対してそれらを感じさせる働きを持つ「エネルギー」によってできています。情報とエネルギーは「私」によって作られていて同時に「私」によって観測されることで確定されています。この情報とエネルギーと意識が一つである様を表現したのが「ドリーミング」です。人は情報は情報、エネルギーはエネルギー、意識はまたそれらとは別なものとしてバラバラに捉えようとしますが、それらはドリーミングの様々な側面に過ぎません。

 ドリーミングはもともとオーストラリアの先住民であるアボリジニの哲学から得た言葉です。アボリジニの「ドリーム」には生活や旅という意味があるそうです。そして、アボリジニは旅をしてその記憶や痕跡が残るように、人や土地にエネルギーが宿ると考えているようです。この痕跡を残すという行為や痕跡のことを「ドリーミング」と呼ぶそうです。ここで重要なことは、「痕跡を残す行為や痕跡」ということです。痕跡を残すのは意識で、残されたのは情報とエネルギーです。ドリーミングはこの情報とエネルギーと意識を一つとして表現するのに適しています。

 ドリーミングのように情報とエネルギーという側面からとらえると似ているものは世界中にあります。それはオーラ、氣、マナ、プラーナ、宇宙のエネルギーなどと呼ばれています。ドリーミングもこれらの言葉と同じようなものも指しますが、特に人体から発せられるエネルギーというわけでも、宇宙に存在するエネルギーというわけでもなく、単に「情報とエネルギーが一体となったもの」を指します。なので、ドリーミングは肉体も含め宇宙全てを構成する要素です。何かから発せられている未知のエネルギーという意味だけではなく、そのものを構成している素粒子の存在さえも支えている要素として「全て」なのです。

ドリーミング  情報とは記録や記憶です。エネルギーとは力と方向です。この世界には実に様々なドリーミングの状態がありますが、全てのドリーミングは全一的な「源」における一つの純粋なドリーミング「愛と命と光」の上に書かれた動く絵に過ぎません。ドリーミングは他のドリーミングと相互的に影響し合って常に変化し続けます。変化が止まるということは、そのドリーミングは消えるということです。ドリーミングは、意識により作られています。物質を作っているのは、物理学的には粒子とみられていますが、観測されたその粒子を成り立たせているのはドリーミングです。形が変わらないように見えてもドリーミングは変化し続けています。形というパターンを保つためにドリーミングは変化し続けているとも言えます。

 一つのドリーミングが一つの状態をとっている分けではなく、時間と空間を超えて、無数の可能性として多次元に同時に存在している状態にあります。この無数の状態に対して意識は選択的に一つの状態を決定して、それに実態を与えます。ただし、選択的であっても、表面意識によって選択されているかどうかは分かりません。深層意識において選択された場合は、表面意識での自分が選択したという自覚を持つことはできないでしょう。

 ドリーミングはまだ科学では扱えない分野にあるかもしれません。たとえば数学や物理学というのは、私たちが私たちの思考の上で捉えられる範囲内または、私たちが観測できる範囲内での学問であり、私たちを超えたものについては理解できません。理解できないから存在しないのではなく、私たちが思考で理解できるのに限界があるだけです。

 しかし、私たちの本質は「本来の自己」という目覚めた心なので、その記憶である「智識」なら純粋なドリーミングを思い出すことが出来ます。思い出したとしても、純粋なドリーミングそのものをこの世界に見せたり表現したりすることは出来ません。ただし、ガイドを通して「愛」の拡大というドリーミングの表現なら可能です。「愛」の拡大とは、この世界のドリーミングを使って純粋なドリーミングの美しさを表現することです。スピリチュアル・ドリーミング・アートもその一つです。

純粋なドリーミング

純粋なドリーミング = 愛[Love] +命[Life] +光[Light]

進化の新しい段階へ  ドリーミングは肉体も含めて宇宙の全てを構成する要素ですが、あらゆるドリーミングの下地は全て同じ純粋なドリーミングです。純粋なドリーミングの情報は「愛(Love)」で、エネルギーは「命(Life)」で、意識は「光(Light)」です。純粋なドリーミングはエゴの幻を超えた全一性によって支えられています。つまり、「源」によって支えられているのです。そして、「源」の延長として目覚めているのが一なる霊である「本来の自己」です。

「源」と「本来の自己」との関係は「愛」であり、その「愛」の中で目覚めた「本来の自己」の意識は「光」であり、この「光」によって始まる創造的活動が「命」です。 「本来の自己」は自らの一なる「光」を分光してあらゆる色を作り出すように純粋なドリーミングの上に情報とエネルギーを上書きします。

上書きされたドリーミングは幻かもしれませんが、それは「本来の自己」のアートであり、ダンスであり、歌であり、意識の延長という創作活動です。創作活動は自己同一的作用ですので、観察する主体と観察される客体に分離はありません。この状態を理解するには非二元的な視点が必要となります。

そのため、エゴの分離という二元的な思考ではこのことを理解することはできません。ただし理解したいという考えを手放せば、そこに「愛」と「命」と「光」があることに気がつきます。これは新しいことを知ったのではなく、忘れていたことを思い出したということです。


深瀬 啓介 Mind Essence