「ガイドの授業」

ガイドの授業 深瀬 啓介 講座

ガイドというのは「聖霊(Holy Spirit)」や「般若(パンニャー)」や「無量光(アミターパ)」や「ヘルス(Health)」とも呼ばれている
目覚めへ導く力癒しの力
のことで、霊と魂を結ぶ“ガイドライン”の意味もあります。
※ガイドというのは「源(source)」の作用ですが、「源」については私は説明できません。


ガイドとのつながりによって絵を描き始めてから、夜の夢の中でスピリチュアルなことを学ぶ「ガイドの授業」がスタートしました。

そこでの学びは癒し本来の「自己」である霊への目覚めということを中心とした世界や肉体や精神や魂や霊などについてです。

授業の中身はとても濃く、一つ一つが積み重ねの内容ですので、「昨日はどんな内容だった?」と聞かれても簡単にお話しできないものが多いです。

スピリチュアルドリーミング(ガイドとつながって描く絵)を描いている時は、皆さまは特に聞きたいことがないようですのでよく雑談をしています。スピリチュアルなことを聞かれるのは稀です。聞かれないなら私はあまりスピリチュアルなお話しはしないようにしています。

でも中には宇宙の構造や生まれ変わりやオーラや悟りについて知りたい方がいらっしゃるようで、その時には「ガイドの授業」を分かち合っています。

「ガイドの授業」は私自身の癒しのためだけに持っておけばいいと考えていましたが、どうやら“癒し”というのは私個人のものではないようです。私の魂の特性は「集合的な魂」の癒しというのに関わっているようで、自動的に同じ「集合的な魂」に属している人と出会って「ガイドの授業」を伝えることになるようです。

「ガイドの授業」は、あなたのように必要な人がいるようです。 それは、あなたが聖なる霊とつながっている大切な存在だからです。

≫ 「ガイドの授業」メルマガ購読はこちらです。

≫ 「ガイドの授業」講座開催日についてはこちらでご確認いただけます。

静寂の視点で生きる…スピリットとして目覚める

ガイドの授業 スピリチュアル アート spiritual art 「ガイドの授業」は多くの伝統的な概念から私たちを解放します。

「ガイドの授業」の講座は毎月夜19:00〜21:00に行なっておりますが、時々いつもとは違った場所で違う時間で開講することがあります。毎月ZOOMでも開講しています。

「ガイドの授業」の内容は講座ごとに変わりますが、それはその時そこにいる人々に合わせているからです。事前に聞きたいことをリクエストいただければ、その内容についてもお話しするようにしています。

「ガイドの授業」の目的は癒し=本来の「自己」への目覚めで、そのために日常的な概念(分離の概念)に対する分析と転換、世界観と価値観のシフトを行い続けることです。

日常的な概念に対する分析と転換は、すでに学んできている概念が自動的に頭の中に浮かぶ思考(独り言のようなもの)を生み出しているので、その概念に気づき、そこにある“歪んだ思考”をチェックすることで、“適切な思考”に改めることです。“適切な思考”とは平和を土台として、苦しみを受け入れ、さまざまな選択肢に目を向けることが可能となる柔軟さを持った思考です。

世界観と価値観のシフトは、“分離の思考”の視点だけではなく、“全一の概念”の視点と「癒しの道」の視点といった三つの視点から改めて世界や人生を“観る”ということです。視点を変えることで、一つの概念に基づいた視点では見えてこなかったものに気づけるようになります。これによって、何がエゴが生み出している幻想の「自分」の強化となり、何が霊としての本来の「自己」への目覚めとなるのかが分かってきます。

「ガイドの授業」は一回学んですぐに理解できるようなものはありません。また、理解したからといって実践できるわけでもありません。それは、日常的な在り方を整えることで「癒しの道」を歩むということだからです。授業は誰にでも日常的に起きています。しかし、私たちは親や学校や団体からの教育、育った国や土地にある歴史や文化、幼い頃からの「自分」の選択によって、「エゴの罠」による“ハートブレイク”を基にした世界観と価値観の中で生きています。そしてそこから様々な苦しみが生じています。

霊的な学びを“全一性である霊”とのつながりによって得ることができた者の責任は、その学びを人々に伝えることでもありますし、伝えることで自らの「癒しの道」を歩むことでもあります。

毎月の「ガイドの授業」は参加しにくい時間帯かもしれませんが、できるだけ長く、できるだけ多く、皆さんと共に「癒しの道」を歩んでいきたいと思います。

≫ 「ガイドの授業」メルマガ購読はこちらです。

≫ 「ガイドの授業」講座開催日についてはこちらでご確認いただけます。

「知覚の解放」と「愛の拡大」

ガイドの授業 スピリチュアル アート spiritual art 「ガイドの授業」では知識だけではなく、瞑想やエネルギーワーク、絵画や音楽など実践的な“癒しの道”もあります。

ガイドの瞑想にはステップがあり、それは知覚を解放して「意識」そのものに気づいていき、やがて本来の「自己」という全一性(oneness)へと目覚めていくものです。

ガイドのエネルギーワークとは、宇宙の構造と意識の作用をよく理解することから始まります。その中心はガイドとつながること(コネクション)です。またゆっくりとした動きの中でエネルギーの体操を行うというものもあります。中国の気功に似ていますが、エネルギーだけではなく、そこにあるドリーミングの“場”の理解とガイドとのコネクションが特徴です。

絵画や音楽では多くのことを学ぶことができます。ガイドのワークショップはどれも“癒し”が中心となっています。それは心の自浄作用がどうかということを超えて、健康と幸せと平和の中で、イキイキと輝き、本来の「自己」を思い出していく“癒しの道”です。

絵も音もドリーミングであり、ガイドとのつながりの中で表現されると、そこに聖なる作用が起きます。「知覚の解放」だけではなく、「愛の拡大」としての意識の使い方、癒しの体験などさまざまな恩恵にあふれたワークショップです。

見る、聞く、つながる、感じる、知る、味わう、リトリート

ガイドの授業 リトリート 合宿・リトリートでは、ガイドの瞑想やエネルギーワークを実際にじっくり行うことを目的としています。観光や食事、さまざまな人との交流も楽しみの一つです。

パワースポットのドリーミングを観察・解説しながら皆んなで感じ取っていくというワークでは知覚の新しいゲートが開かれるでしょう。ドリーミング(その場のオーラ)をスケッチしたものが、その時に参加者が撮影した画像にも同じものが写っていたことなど、実際の現場では不思議なことが起きていました。

今後は、絵や音などのワークショップも開催していこうと思います。絵や音のそれまでの概念から解放され、誰もがアーティストであることを体感するでしょう。エネルギーや意識の使い方も学べます。

「ガイドの授業」で学んだことは、実生活で活かされるだけではなく、ビジネスのやり方や姿勢が変わっていくことでしょう。

≫ 「ガイドの授業」メルマガ購読はこちらです。

≫ 「ガイドの授業」講座開催日についてはこちらでご確認いただけます。

目覚め

『私たちは誰もが直接ガイドとつながって平和の中で本来の「自己」へと目覚めていくことができます。』

ガイドの授業 オーラ チャクラ スピリチュアル・ドリーミング(絵)のセッションを始めた頃、1週間に3回くらい、AM3:00や4:00に「ガイドの授業」は始まりました。

私は幼い頃から明晰夢で起きた後も夢の記憶はそのまま残っていることが多いのですが、「ガイドの授業」では夢の質が変わります。

質が変わるというのは、言葉で表現しにくいのですが、胸が開かれて、夢の色合い、感覚、音、感情が変わるような感じです。

「ガイドの授業」のテーマは「本来の“自己”への目覚め」についてですが、内容は「世界のしくみ」や「意識の構造と使い方」、「エゴの罠」、「愛の拡大」、「知覚の解放」、「目覚めのステップ」など様々です。

例えば「世界のしくみ」には、ドリーミングが出てきますし、それ以外にもパラレルワールドや超次元について出てきました。

「意識の構造」には、霊と魂の関係や、エゴの正体、意識の作用と使い方も出てきました。

興味深かったのは「愛の拡大」と「知覚の解放」で、人生で一番重要な“特性”という概念でした。

“特性”の概念そのものはとても単純なのですが、「世界のしくみ」と「意識の構造」と「目覚めのステップ」を知らないと理解することがとても難しいのです。

つまり、人生で一番大事なことなのに、普通に生きてて学ぶことは稀だということです。

学び始めてから半年も経つと、「なぜ人はガイドの授業を学ばないのか?」という疑問が出てきましたが、今はその疑問も解けました。その理由は「全ての人が目覚めのために生まれてきている訳ではない」ということを知ったからです。

この世界は、肉体にとっては“現実”ですが、魂にとっては“夢”です。“夢”の世界でどんな体験をしようと自由です。

しかし、魂にとっての体験は自由ですが、肉体を中心とした意識にとっての体験は不自由でどうしようもないことが多いのは確かです。

生きる苦しみはあります、病気や事故の苦しみも老いる苦しみも、全てを失う不安も死への恐れもあります。

そこで、たとえ目覚めを目的としていなくても、「ガイドの授業」は幸せな人生の役に立つと思いました。

何よりも、私に自分の癒し以外の役割などなくても、この学びを必要な人に届けたいという思いがありました。

そこで、「ガイドの授業」で学んだことを興味がある人にお伝えしようと、毎月仙台で開催している「ガイドの授業」や、ZOOMを使った「明晰なスピリチュアリティ」オンライン講座など様々な活動を始めました。

富田氏との「K&S コミュニケーション講座」、「K&S コネクション・トーク」では、京都、東京、仙台、沖縄、福岡と全国のさまざまな方々との出会いにつながりました。

特に、ライトワーカー社の高山氏やナチュラルスピリット社の今井社長にはたいへんお世話になり、『3つのカードでラクラク問題解決! ドリーミング・セラピー・カード ― 本来の自分を思い出すための道しるべ (ライトワーカー)』の出版は大きな一歩になりました。

また、高山氏の完璧なサポートでの「バリ島・リトリート」では、大自然の中で実践的なガイドの授業を行うこともできました。

これからも「ガイド」は私たちに多くの情報とエネルギーと気づきを与えてくれるでしょう。

そして、これからは「ガイドの授業」を学んだ次世代のスピリチュアル・リーダーたちが様々な分野で活躍していくことでしょう。

エゴの視点で語られてきた概念や古い組織に縛られた私たちのマインドとハートが「ガイド」の聖なる作用で解放され、多くの人々が真に豊かで自由なスピリチュアリティを生きることができるようになるでしょう。

「ガイドの授業」を学べば、今生まれてきている(私と同じような)自閉症や学習障害と言われてしまっている子たちの意味もよくわかるはずです。

今まではこの現実世界という“分離の夢”を研究する魂たちがいました。そこに今後は知覚が解放された“癒しの道”を歩む案内役となる魂たちが生まれているのです。

私たちが手を取り合ってエゴの概念を超えていければ、世界中に平和と愛と健やかさが広がることでしょう。

たとえそんなに大きくならなくても、せいぜい自分は平和であることができるでしょう。平和の中に在る人は周りの人の助けになることはあっても、危害を加えることはありません。

あなたにも聖なる「ガイド」はつながっています。あなたも目覚めることは可能です。

言葉の定義

「ガイドの授業」においては一つ一つの言葉の定義を明確におこなっています。一般的な定義で使っていない言葉もあるために、混乱が生じないようにしているのが理由です。

例えば、“私”を指す言葉には以下のようなものがあります。

【「自己」】(self = mind essence)
「源」の延長である全一なる霊のこと。「自己」に「意識」はないためドリーミングもない。

【「自我」】(ego)
「全一性から分離して独自の個として自らが自らを創造することは出来るだろうか…」という思考のこと。「ガイドの授業」ではエゴとして表現されることが多い。ドリーミングを生み出している。
※エゴは「悪い」のではありません。「良い、悪い」という判断はエゴによってなされますが、本来は「どちらでもない」のです。判断を行えばそのドリーミングが強化されるだけです。

【「自分」】(myself)
エゴによって作られた「私は何者か」という概念のこと。魂という媒体に集められた記憶「情報とエネルギー」によって構成されている。

※その他:“私”、自分自身=その体験をしている存在を指すときの汎用表現。


また、スピリチュアルなお話しの中によく登場する言葉も「ガイドの授業」における定義があります。そして、これらの言葉の理解がエゴの土台の上にある概念を訂正することにつながります。

【霊】(spirit)
ドリーミング(夢見)であるこの世界や「意識の構造」を超えた全一性(oneness)の実在のこと。霊=本来の「自己」である。霊は「源」によって「永遠の平和」に保たれている。

【魂】(soul)
“分離の思考”であるエゴに基づいて生じた無数に分離した「意識の場」である。その性質は霊と同じで、簡単にいうと分離した霊の破片のようなものであるが、霊自体には何も起きていないために正確な表現ではない。魂は精神と肉体とそれらが存在する世界をドリーミングしている。

【“神”】(“god”)
宗教や歴史や哲学で用いられる概念。人々のマインドの混乱を引き起こす原因ともなっているため、「ガイドの授業」では“神”という言葉は宗教や歴史を語る時以外は使用しない。マインドの解放のために、“神”は「ガイドの授業」における「源(source)」とは違うということにしている。

【ガイド】(guide)
「源」の力のこと。霊は分離のない全一性であり、私たちがここに“分離の体験”をしていることさえ信じてはいない。知らないものを守ることはないため、「あなたを守護する霊」という表現は「ガイドの授業」においては使わない。ガイドは霊に備わっていて、全一性を保ち続ける「源」の作用のことである。霊とのつながりがある魂にもガイドの作用は効力をもっている。魂と精神と肉体を整える軸を霊の軸に合わせることで、完全なるバランスを得ることができる。そして、“分離の夢”の中で迷子になった魂が、本来の「自己」である霊へ目覚めるにはどうしても霊の軸の助けが必要となっているのだ。霊の軸という完全な“ガイドライン”があるために私たちは目覚めることが可能となっているという意味で「ガイド」と呼んでいる。

≫ 「ガイドの授業」メルマガ購読はこちらです。

≫ 「ガイドの授業」講座開催日についてはこちらでご確認いただけます。